Skip to content
「昼間のコーヒー」を上手に使うコツ

「昼間のコーヒー」を上手に使うコツ

少し前に、”「朝の一杯のコーヒー」がもたらすもの”というお話をしました。
今日は、「昼間のコーヒー」と上手に付き合う方法についてご紹介します。


午後を元気に過ごすための「コーヒーナップ」
昼間のコーヒーの役割として、眠気対策を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
午前中の仕事を終えて昼食をとり、お腹がいっぱいになった……というお昼過ぎに襲ってくる眠気には抗い難いものがあります。
そんなとき、コーヒーに含まれるカフェインの覚醒作用に頼る方もいるでしょう。

実はこのタイミングでのコーヒーの飲み方にはコツがあるんです。

例えば12時から昼食休憩をとった場合、食後のコーヒーを飲んでから15〜20分程度の短い昼寝をすると、13時以降に元気に活動できるという流れになります。
これは「コーヒーナップ」と呼ばれ、コーヒーを飲むことと、短い昼寝(午睡)を組み合わせることを指します。

カフェインがその力を発揮するには、約30分程度かかると言われています。
そのため、「目を覚ましたい時刻の30分前に飲む」とベストなのだそう。


午前中なら10時ごろ、午後なら15〜16時ごろ
朝からの仕事や家事などがひと段落する、午前10時ごろの休憩時間にもコーヒーがおすすめです。
ホルモンバランスの関係で、カフェインを効率的に吸収できるタイミングなのだそう。これで午前中の活動もはかどることでしょう。

また、午後の休憩では15〜16時ごろが最適だと言われています。
この時間帯も午前中と同じ理由で、コーヒーを飲むと夕方まで元気に活動できるでしょう。


16時以降はカフェイン摂取を控えて
「夜にコーヒーを飲むと眠れなくなる」ということもよく耳にしますね。
実際のところ、カフェインの効果は30分後から始まり3時間程度続くと言われており、寝る前に飲んでしまうと「主睡眠」と呼ばれるメインの睡眠を妨げてしまいます。
個人差はありますが、体内時計が狂う原因にもつながりますので、コーヒーをはじめとしたカフェインを含む飲料は控えた方が良いでしょう。

どうしても食後のコーヒーを欠かせないなどの習慣がある方は、カフェインレスのコーヒーなどに変えて楽しんでみてはいかがでしょうか。
よい睡眠のため、カフェインを取らずに体を芯から温める飲み物をとるように心がけましょう。



コーヒーは、覚醒とリラックスの両方をもたらしてくれる素敵な飲み物。
仕事や家事の合間のリフレッシュに。
あるいはひと息つきたいリラックスの時間に、コーヒーを楽しんでくださいね。

そんなときに、TAISETSU Coffeeのドリップパックをぜひご賞味ください。
北海道の野生動物や、かわいらしいイラスト入りのオリジナルパッケージも楽しめます。
オンラインショップからご購入できますので、ぜひご覧ください。

Next article 大人の楽しみ、コーヒーとアルコールの合わせ方