Order 5 or more for free shipping in Japan!
“ご縁と5円”のGo-en project

北海道の真ん中にある東川町は、雪の季節到来です。もう少しすると訪れる白鳥の姿を楽しみにしているところです。

さて、今日は、TAISETSU COFFEEが願いを込めて始める新たなプロジェクトをご紹介します。その名も【Go-en project】(ごえん プロジェクト)です。

Go-en は、〝ご縁〟と〝五円〟の意味を併せもち、『〝ご縁と五円〟で、地球環境保全に繋げたい』という想いを込めたプロジェクトです。

始まりは愛知県にある会社トリオさんにTAISETSU COFFEEの存在を知って頂けたことから。

トリオさんは、長年、年末にお世話になった企業や取引先を訪れる際、挨拶の品に、社名入りのカレンダーやボールペン、手帳などを持参していました。

数多くの手帳やカレンダー、ボールペンをお渡ししながら、「これらは本当にお客様のお役に立てるアイテムだろうか…」と考えることがあったそうです。

そんな時、知人からの頂き物の中に入っていたのがTAISETSU COFFEEのドリップコーヒーでした。オリジナルのパッケージも作れると知り、トリオさんは社名入りのドリップコーヒーを年末の挨拶の品にすることを思いつきました。

これなら“かさばらず、コーヒーも楽しんで頂けて、社名入りのインパクトもある。そしてなんと言っても無駄がない!”

せっかく同じお金をかけて作るのなら、皆さんに喜んで頂けるものを作りたい!と。

思いついてすぐTAISETSU COFFEEにご連絡下さり、翌月には愛知県から、はるばる東川町まで足を運んで直接想いを伝えて下さいました。

その時に、熱く語って下さったのが、

〝Go-en project〟構想でした。

【ドリップコーヒーを一枚買うごとに、5円分が環境保全活動に寄付される】というタイプのドリップコーヒーを、TAISETSU COFFEEで作れないだろうかと。

トリオで今年の年末の挨拶の品として作るオリジナルドリップコーヒーからさっそく始めたい!そして、この先も、自社だけの取り組みでなく、“企業の意思として環境問題に取り組む”というスタンスを広めるために、Go-en projectタイプのドリップコーヒーがあったらなお素晴らしい。

確かに多くの会社で、年末の挨拶品のほか、来店プレゼント、イベントの記念品、キャンペーンプレゼント、粗品やノベルティなど、様々なアイテムを制作することがありますね。しかし、中にはせっかく頂いても、好みに合わなかったり、同じ物を持っていたりと、使う出番のないアイテムやノベルティなどもあるものです。それをオリジナルパッケージのドリップコーヒーに替えることで、会社のPRと環境保全活動も兼ねることが出来るのは素敵な発想です。賞味期限も長いので、消費に慌てる必要もありませんし。

このアイディアは一回限りの物にせず、プロジェクトとして独立させたい。

…そんなトリオさんの想いに、TAISETSU COFFEEも大賛成でした。

トリオさんとのご縁があり、

今、Go-en projectを形にする動きが着々と進んでいます!

写真は、トリオさんとTAISETSU COFFEEがGo-en projectとして制作した「Go-en project box」です。1枚のドリップコーヒーにつき、5円分が環境保全活動に寄付されるタイプのドリップコーヒーをご購入頂きました。

次回は、Go-en projectの全体をもっと

詳しくお伝えしたいと思います。

関連記事 / Related Posts

ため息の出る程美しい東川の田園風景
ため息の出る程美しい東川の田園風景
大型連休を終えて少し落ち着いた雰囲気の東川では、町全体に広がる田んぼに、ジョボジョボジョボーッ…と、水の注がれる音があちこちから聞こえてきます。 大地が次々に目を覚ましているような心地よい響きです。 この時期に特にオススメの絶景ス...
Read More
Our Story
Our Story
TAISETSU Coffeeが誕生したのは2013年。 北海道の小さな町 東川町の自家焙煎珈琲店 「ロースターコースター」から生まれました。    「ロースターコースター」には毎日、地元の人、観光客、留学生などたくさんの人が珈琲と会...
Read More
Farm to Cup
Farm to Cup
Picking 当店で焙煎している生豆は 世界中の優れた生豆農場から 仕入れています。 Our beans are sourced from the best farms all over the world. ...
Read More